最高の仕事の
パートナーを探そう。

共感採用でフリーランスにを。

ABOUTNACODER’s(ナコーダーズ)とは

フリーランスエンジニアと企業を
リモートワークでマッチングするサービスです。

ナコーダーズはフリーランスと企業のベストマッチングをご提案し、好きな人と働ける社会を実現するサービスです。
生き方や働き方が多様化する現代において、「誰と、どんなふうに働くか」が人生における幸福度や満足度を決める重要な要素です。
アプトリーは好きな人と自分の好きな場所で=フルリモートで働く世界を実現するめ、「共感」に基づいてフリーランスと企業のマッチングを
提供し完全フルリモートの案件をご紹介しています。

共感とは
ナコーダーズとは
共感マッチングで幸福度も満足度も追求しながら働きませんか?

INTERVIEWインタビュー

Kさん(49)
Web/IoTフルスタックエンジニア
Kさん(49)

自身のスキルに向き合って積極的に自己投資してきたキャリア。

49歳まで数社転職をしつつ会社員でキャリアを形成きたというK氏。一貫してソフトウェアエンジニアとして

Uさん(29)
webエンジニア
Uさん(29)

自分の道は自分で決める。エンジニアになったきっかけとは

20代前半の時に、手に職を付けようと思ったからです。大学を卒業して、最初はコールセンターで働いていました。

Masakiさん(33)
サーバーサイドエンジニア
Masakiさん(33)

同時接続による大量のデータに耐えられる裏側を作り続けてきた。

今まで100万アクセスを超えるようなサイトのサーバーサイドのエンジニアとして7年努めてきたMasakiさん

SERVICEサービスの特徴

POINT 01
相性ベースのマッチングで
安定の長期契約

当社独自(大学教授監修のマッチングシステム)の相性ベースマッチングで、これまで契約継続2年半以上のユーザーがスキルアップしながら開発をしています。

相性ベースのマッチングで安定の長期契約

POINT 02
あなたの魅力を伝える
インタビュー

ありのままのあなたを引き出しコンテンツ化します。
今まで何をしてきたのか?これから何をしたいのか?名刺代わりになり自動で最高のマッチングを行います。

あなたの魅力を伝えるインタビュー

POINT 03
マッチングのプロによる
サポート

実際にエンジニアと企業担当者の相性が良いかを確かめるため、経験豊富なアプトリー担当者が打ち合わせをサポートします。

マッチングのプロによるサポート

POINT 04
愛のあるコミュニティで
一生サポート

学校の保健室のような、困ったことをすぐに相談できる当社独自のコミュニティで手厚くフォロー。無料カスタマーサポートや、キャリア相談や税務相談も可能です。仕事にまつわるすべてを、一生にわたってサポートすることを約束します。

愛のあるコミュニティで一生サポート

POINT 05
メンターメンティー制度

当社の実務経験者である先輩エンジニアから、技術や実務を直接教えてもらえる当社独自のメンタリング制度を開始。「実務経験がなく案件にチャレンジできない」などのお悩みに対し、先輩エンジニアが技術指導から実務のサポートまで幅広く対応致します。

メンターメンティー制度

STEPサービスの流れ

  • ステップ1
    診断テストによる相性診断

    診断テストによる
    相性診断

    ナコーダーズ独自の
    診断ツールによる相性診断。
    ※現在開発

  • ステップ2
    動画と文章で情報をご提供

    動画と文章で
    情報をご提供

    エンジニアと
    企業担当者の
    インタビューと動画を
    双方にご提示。

  • ステップ3
    三者面談

    三者面談

    参画予定のエンジニアの方と
    企業担当者と弊社担当者で
    三者面談を実施。

  • ステップ4
    稼働開始

    稼働開始

    チャットツールに招待し、
    キックオフミーティングを経て
    業務を開始します。

Supervised監修

幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏に人材PR動画の監修をいただき、 前野氏が掲げる「幸せの4つの因子」に基づき、フリーランスの方々が、ありのままの幸せを伝える人材PR動画の制作を行います。
これにより、ナコーダーズを通じて、フリーランスのスキルだけでなく人柄や価値観などの情報を伝えることで、企業とのより良いマッチングを実現します。

前野隆司

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授
兼 慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長

1984年東京工業大学卒業、1986年同大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、ハーバード大学訪問教授等を経て現在慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼務。博士(工学)。著書に、『幸せな職場の経営学』(2019年)、『幸福学×経営学』(2018年)、『幸せのメカニズム』(2014年)、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房,2004年)など多数。日本機械学会賞(論文)(1999年)、日本ロボット学会論文賞(2003年)、日本バーチャルリアリティー学会論文賞(2007年)などを受賞。専門は、システムデザイン・マネジメント学、幸福学、イノベーション教育など。

CASE STUDY導入事例

caseStudy.title

株式会社プロトソリューション様

システムを開発をしていく際に、チームから最先端の技術を使いたい、みんなが興味がある技術を使いたいという話があり、技術的にマッチするエンジニアが見つからない課題がありました。 そんな中アプトリーさんに相談した際に、スキルがマッチするエンジニアさんをスムーズに提案をいただけたことが一番のきっかけになりました。

caseStudy.title

エール株式会社様

フリーランスの方を探していたものの、本当に信頼できる方なのか、求めている品質を担保できる方なのか、見極めに苦戦。マッチングのプロであるエージェントが介入することで、フリーランスのレベル感が明確になり、報酬の条件交渉もスムーズに行え、手間が省けた上に、より最適な業務委託者との契約を実現。

caseStudy.title

リエールファクトリー株式会社様

プッシュ通知システム開発を依頼させていただきました。今回は納期が数週間と言うタイトな時間でご迷惑をおかけすると思いましたが、エンジニアさんの開発スピードが速く納期通りに仕上げていただくことはできました。エンジニアさんとのコミュニケーションがしっかりできたので、今後も仕事を発注し採用に繋がる流れにしていきたいと思います。本当にありがとうございました!

PARTNER提携企業

  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name
  • partner.name

COMMING SOON絶賛開発中の機能

  • 相性診断の要素にボイスチャットを追加

    相性診断の要素に
    ボイスチャットを追加

  • ビックデータ解析によるマッチング精度の向上

    ビックデータ解析に
    よるマッチング精度の向上

  • AIによる共感性の詳細化

    AIによる
    共感性の詳細化

いっしょに開発してくれるエンジニアも募集中!

共感とは

「共感」とは、単に業務内容や報酬といった条件が合うに止まらず、人や企業がどういった思いで働いているのか(ビジョン、目指していること)、
経営者や現場の担当者とフリーランサーのそれぞれの人となりの相性が良いこと、思いが合致することを指します。

アプトリーはこの「共感」を、大学教授監修の診断テストやキャリアデータベースに基づく客観的な視点と、
経験豊富なアプトリーのスタッフによるインタビューに基づく第三者の推薦の視点とから、同時に評価します。

「共感」はフリーランサーも企業もお互いが気持ちよく働ける信頼を作るきっかけになるものです。
信頼感が構築できれば仕事の面ではパフォーマンスは上がり、結果達成感や成長意欲に繋がります。

「共感」は頑張って作れるものではありません。
人それぞれが生まれ育った環境や現在のキャリアを築くきっかけ、築いてきた歴史によって様々な「共感」のポイントがあります。
ぜひ一度、ナコーダーズの診断テストを受けてみませんか?

最高の仕事のパートナーを探そう。

共感採用でフリーランスにを。

かんたん無料登録!
案件を問い合わせる